恋愛初心者の男の子へのアドバイス

*

リスクをとるときは1つだけにする

      2018/02/21

リスクをとるときは1つだけにするということを何度か聞いたことがあります。僕が自分なりに考えて実践した結果こういうことかなと感じたことを記事にしました。

リスクは1つだけにする

ぼくはリスクをとる(これまでのことを変化する、新しいことに挑戦する)ときはごはん周りのことが多いんですよね。毎日同じだと飽きるんでちょくちょく変えたりするんですけど、これまで変化をしたときにリスクについて感じることがありました。それはある程度行動する前に予想を立ててリスクが高いときは夜リスクをとるということです。なぜ夜なのかというとぼくは夜ごはんはその日の分の記事を書き終えてから食べるので夜ごはんを食べてから体調がわるくても特に影響がないからです。逆に朝やお昼など夜以外のときはまだこれから書く場合が多いので朝やお昼に変化をしたいときはリスクが少ない(主に変化が少ない)ものにします。そうすることで飽きにくくしつつ他のことへのマイナスの影響を少なくすることができます。
ごはんで体調がわるくなるのは変化するときに可能性としてあるんですけどそれで仕事に影響が出ないように工夫することはできます。必要であれば仕事に影響が出てもいいように事前にやっておいたり多少調子がわるくてもノルマを達成できる工夫をするように考えるべきだと思います。しかし必要でなければそもそも影響がでないようにした方が楽じゃんって感じですね。なにごともできるだけ楽しんでやった方がいいと思ってるんで避けられるなら仕事に影響しないように工夫した方がいいよねって思いますね。

これがリスクが1つになる理由

少しわかりにくい気がしたんで解説すると、ごはんを変えるのが1つのリスクで仕事の調子がわるくなるのが1つのリスクになります。なので仕事に影響が出ない工夫をしてごはんを変えることがリスクをとるときは1つにするということになります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


 - 自己啓発・ビジネス, 願望実現・引き寄せの法則