恋愛初心者の男の子へのアドバイス

*

冗談を言うときのコツと注意点

      2018/03/11

冗談を言っている男の子が女の子と楽しそうに話しているのをみて羨ましく感じたことのある真面目な男の子は多いのではないでしょうか。中には冗談を言ってみたいという男の子も多いかもしれません。(以前は僕もそのような男の子の1人でした。)

明らかに嘘だとわかる嘘を言う

相手の女の子が真面目なタイプ以外なら明らかに嘘だとわかる嘘をいうことで、女の子につっこんでもらい楽しんでもらえます。逆に真面目な女の子の場合はボケていることに気づかなかったりそもそもボケという概念がなくて不快に感じることがあるのでそのような反応をしていたらフォローしましょう。

具体例

明らかに嘘だとわかる嘘と言われてもわからない男の子もいると思うので具体例をあげます。
例えば前日にも聞いている相手に最近調子どうですか?と聞くことです。これは僕がよく利用するカフェでシフトが少ない男の子に言われた言葉です。このように(語弊を恐れずにいうと)明らかに変、おかしいと感じるようなことをいうことで相手に冗談だと伝わりやすくなります。
このとき女の子の頭にはてなマークが浮かんでいたり不快そうにしていたらすぐに嘘(冗談)だと伝えましょう。(フォローする)そうすることで会話をしている女の子が不快になりそうだったことをそうなんだというふうに感じてもらうことでなんとも思われなかったりむしろ喜んでもらえるようになります。

冗談として使うことの選び方

これは以前の女の子のいじり方でも言いましたが、相手の女の子が傷つく可能性が高い体型や顔、宗教政治などは選ばないようにしましょう。選ぶと良いものは具体的には出身地に対して島根にパソコンないって聞いたけど本当?(このようにマイナーな作品からの引用のボケ(伝わりにくいボケ)はすぐにボケだと伝える必要がありそう、)のように相手のことを冗談にするときは相手が傷つかないようにしましょう。

基本的に自分のことにたいして冗談にすれば相手の女の子を傷つけることはありません。しかしあなた自身のことについて冗談にするときはまた別の注意すべきことがでてきます。

自分のことをネタにするときの注意点

卑屈にならないことです。女の子は本能的に強い男の子をもとめています。なので卑屈になってしまうと、たとえ面白くても男の子としてみられなくなるので本末転倒になってしまいます。なのでなるべく以下のようなイメージになるようにしましょう。
僕  記事を書くのが楽しくて遊んでいるかと錯覚しそうになります(笑)(半分冗談半分本当)
女の子 ほんとうですか?
僕  楽しいですよ!たまに記事に還元できないことがあるので、そんなときはへこみますけどね(笑)でも好きなことを仕事にできているから良いかなと思ってます!
のような冗談をいうことで卑屈になりません。また、今回の例のように冗談にあなたの価値観を少しまぜることでこの人は冗談を言っているけれどしっかりしていそうというようにより好印象をもってもらいやすくなります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


 - 女の子とコミュニケーションをとるときに意識すること