恋愛初心者の男の子へのアドバイス

*

たまに否定的側面にも焦点を当てることでいい状態を保つことができる

      2017/01/21

僕はこれまでなんども肯定的側面に焦点を当てましょうと言ってきました。いまでも肯定的側面に焦点を当てることはいいと思っています。しかし、たまに否定的側面にも焦点を当てることで、いい状態を保つことができます。今回は一見反対に思える肯定的側面と否定的側面を両方見る意味と否定的側面の見つけ方について書いていきます。

両方見る意味

物事には肯定的側面と否定的側面が両方あり、どのような意味をつけるかはあなたの自由ということを以前肯定的側面について書いた記事で言いました。なので、あなたが肯定的側面に焦点を当てることで、心地いいと感じて引き寄せの法則で引き寄せることが心地いいものになります。しかし、肯定的側面に焦点を当てるときに否定的側面を見ないようにしていると、気づいたら否定的側面の影響が出ていたということになります。

バスを使うことで例えます。バスを使うと肯定的側面は「体力を使わずに早くに目的地に着くことができる」ということになります。なので人と会うときなどはいいと思います。しかし、否定的側面には「普段あまり運動をしない人が人と会う予定がないときも毎回バスを使うと運動不足が解消されずに、体力がかなり落ちる」という面があります。しかし、早くに着きたいからと毎回バスを使っていることについてたまに否定的側面について考えることで、たまには歩いて体力をつけよう、買い物などのときだけだと運動不足が解消されるか不安だから、仕事や学校から帰るときは1駅手前で降りて歩くようにしようと否定的側面の影響を抑えることを考えて実行することができるようになります。そうすると、否定的側面の分野がわるくなることを防いだり、むしろよくさせることができます。(今回の例だと体力を維持したりむしろ体力が増えるようになります。)

否定的側面の考え方

多くの場合否定的側面の反対を考えると肯定的側面に焦点をあたるように、多くの場合肯定的側面の反対を考えると否定的側面がわかります。例えば電車を使うことで考えると、肯定的側面が「早くに目的地に着ける」です。その反対を考えるとお金が必要になります。また、言い方を変えるとお金を払えば誰でも利用することができるということになります。そして多くの人は引き寄せの法則を知らなくて愚痴を言っていることを楽しいと感じているからか、会社や学校の愚痴を言っています。なので、否定的側面が「会社や学校などの愚痴を言っている人が多く、自分がマイナスの影響を受けやすい」になります。

そして、このように否定的側面に気づくことで、イヤホンをつけて音楽などを聞いたり、なるべく人が少ない時間や車両を選ぶなど工夫をして愚痴を聞かないように未然に防ぐことができます。未然に否定的側面を考えずにいた場合も実際に否定的側面を体感することで否定的側面に気づきます。そこで「なんでこうなるんだ」ではなく「どのようにしたら改善できるか、関わることがなくなるか」について考えることでいい状態を保つことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事を書いている人にアドバイスをもらいたいと思った人に向けて、有料ですが僕と相談する機会を設けています。詳しいことはこちらの記事に書いたので、興味を持った方はこの記事を読んでもらえると幸いです。コンサルタント(相談)の詳細


 - 願望実現・引き寄せの法則