恋愛初心者の男の子へのアドバイス

*

夢精をしたい人におすすめする4つのこと

      2018/03/13

夢精は気持ちいいとネットでよく聞きます。そう聞いて夢精をしたくてオナ禁を始めたけれど、なかなか夢精をしないという男の子もいるのではないでしょうか。そこで今回は夢精をしやすくする方法を書いていきます。最近20日ほどで3回夢精をしたのでどのようにすると夢精をしやすくなるのか改めて編集しました。

ムラムラしたまま寝る

ムラムラと一言で言ってもAVなどを見てムラムラするのではなくたまたま外出しているときにセクシーな女の子をみたなどである必要があります。もう少し具体的にいうと夢精しないときはちんこがムラムラしてくる感覚で夢精をするときは金玉がムラムラしてくる感覚です。そのような感覚になると過剰に精子が生産されているのか夢精することが多いです。

とても疲れた状態で眠る

とても疲れた状態で眠ると体が死ぬと勘違いするのか(死ぬ前に子孫を残したいと体が考えて)、夢精しやすくなります。(実際は子孫を残すことにつながりませんが1つの仮説としてネットでちょくちょく見かけます。)とても疲れた状態の目安としてはすごく眠くて起きているのがつらいような状態です。そのような状態で眠ると夢精しやすくなります。

二度寝をする

二度寝をすると睡眠が浅くなる(レム睡眠の割合が高くなる)ことで夢をみやすくなったり夜間陰茎勃起現象(起きる前の朝勃ち(正式名称))が起きるようになるからか、夢精しやすくなります。

2、3日連続でオナニーをしてからオナ禁する

2、3日連続でオナニーをすることで体か脳が1日1回射精するのが普通だと感じます。(ホメオスタシス(これまでと同じ行動をして体内の状態を以前と同じ状態に保とうとする心理ないし本能))その状態でオナ禁をするとこれまで1日1回射精していたのでいつもより長い期間、間が空いているので体か脳が射精させようとするのか夢精しやすくなります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


 - オナ禁